移住と起業と、まさかの投資

プーケットでタクシー屋はじめました

ブログランキング・にほんブログ村へ

他人の合コン話で盛り上がる  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

先日、趣味のスポーツの練習の後の食事会で久しぶりに面白い話がありましたんよ。

話題は合コンです。

 

何もこの年になってワシが合コンに行くわけではありまへん。
我々の仲間の若い衆の話です。

単に彼が合コンに行った、というだけならどうでもエエ話なんですが、
日本から来ている駐在員がその若い衆の為にセッティングしてあげたんですよ。

その駐在員というのは妻帯者で子供もある年齢なのですが、
その若い衆というのがこの駐在員が練習会に参加するのに送り迎えしてあげたりと普段から親切にしていて、しかもその駐在員からのスポーツの技術習得に熱心に取り組んでいるんですよ。
そこでその駐在員が独身の彼の為にひと肌脱いだ、という構図ですわ。

 

その若い衆は年齢は30過ぎで、まあ結婚適齢期ですな。
しかし、家業を継いで忙しく働いておりなかなか良い出会いに恵まれていないようなんですよ。

酒はよう喰らうもんの性格は真面目で仕事熱心。
しかも裕福な家庭の若社長ですから、条件は抜群ですわな。

しかし、なかなか世の中はうまいこといかんもんです。

 

合コンがあった後の練習後の食事では、
その時の状況のレポートで一同大盛り上がり
その駐在員に

「エエことしたなぁ。」

などと言うて、その詳細を酒の肴にして愉快な食事となりました。
やはり、そういう話題を聞いていると非常に楽しい雰囲気になりますなぁ。

 

ところが、その翌週の練習の後の食事ではちょっと雰囲気が変わってました。

「その後、どないやねん。」

「ええ、一応会う約束してるんですけど。。。」

大したもんですな。
ちゃんと次の約束出来るんですから。
でも、なにかちょっと歯切れ悪いんですな。

 

よくよく聞いてみると、彼は若社長という立場からくるのか、
大変な世話好きというか人に何かを頼まれたらなんでも一生懸命やるんですね。
それのことに最近疲れ始めているのかもしれまへん。
自分の誠意が本当に伝わってるんか、ということに引っ掛かりを感じているようです。

そら、世の中、何かやってもらっても感謝の気持ちもない人もいっぱいおりますがな。
でも、いちいちそんなこと気にしてたらしんどいだけです。

ワシも初めて結婚したんはちょうど彼ぐらいの時でしたわ。
それぐらいの年齢ですから、
まあ、単なる遊び相手探すために頑張るの甲斐がないでしょうなぁ。
当然結婚に関する意識は常にあるようです。
でも、もうちょっとリラックスして気楽にやったらエエのに、と思いますな。

 

彼にはワシの香港時代の大先輩からのアドバイスを伝授しときました。

「なあOO。
結婚なんかはなぁ。
やっても後悔するし、やらんでも後悔するんや。
それやったら機会があったら一回ぐらいやっといたらエエんや。」

当時、その言葉でワシは余計な力が抜けたような気がしましたなぁ。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

ブログランキング・にほんブログ村へ