移住と起業と、まさかの投資

プーケットでタクシー屋はじめました

ブログランキング・にほんブログ村へ

観光やないでしょ  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

とうとう来ましたな。

www.escape2bangkok.com

スペシャルツーリストビザでの初入国らしいですから14日間の隔離と最低90日の滞在という条件でしょうか。

狂言ちゃうやろね で書いたようなポーズだけではなかったようですが、
どういうわけかプーケットへの150人がいつの間にかバンコクへの41人にかわってますな。

これって“観光”やと思います?
いくら金持ちでも14日も自費で隔離施設に入って最低90日の滞在って。。。

普通やったらこんなんないですよねぇ。
これが観光客やと言い張るのはちょっと無理あるんちゃいますか。

それともワシの考えすぎでしょうか?

蝗害発生の予感 など、この手のことを結構何回も買いてるんですが、
もし、このワシの考えたシナリオが現実のものになる場合、
タイの行く末は全く違った方向になるかもしれまへんな。

 

アジア通貨危機を越えるような大不況が来ることを予想するシナリオなども良く見かけますが、そうなった場合は、物が売れない、会社が潰れる、物の値段が下がる、お金が回らない、みたいなことになるんでしょうかね。

でも、そこに物凄い勢いで大陸からのお金が入ってきたらどうなるんでしょう

下がった不動産を買い尽くし、割安の会社を買収。

タイの法律は今まで通り、外国人による土地の保有を認めない、とか、
ワークパーミットを取るには一定以上の現地人の雇用をしないといけない、とかのルールを維持できるんですかね。
もし、それをなくしてしまったら、エライことになりまっせ。

 

今の政府がいつまで持つのか、
もし政権交代となった場合はいったい誰がこの国難に対処するのか。

先日の一番大きなデ●の日に、首●はあの国の外●の訪問を受けてましたな。
これっていったいどういう意味なんでしょう。

 

この41人からスタートする訪問客が滞在中に何をするのかは公表されるはずもなく、
もしワシの心配が当たってたとしても、それを知るのはずいぶん後の事になるでしょうな。

その時はもう手遅れかも知れまへんで。

 

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

 

 

気持ちは個人的に伝える プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

バンコクで例のデ●が始まってから、
数人の知人から連絡をもらいました。

この時代ですから、そのほとんどはメッセージアプリからのメッセージです。
なかにはうちの母ちゃんと同じレベルのIT機器利用熟練度の人がいて、
その人からはこちらの都合なんぞは微塵も考慮しないビデオコールです。

まあ、そうやってワシやワイフのことを心配してくれるんは有難いことです。

 

こういう類の連絡をグループチャットやFBのタイムラインなんかにして来る人も時にはいますね。

悪気はないんかもしれまへんが、
こういうコンタクトは個人的なメッセージでやる方がエエんではないか、とワシは思っています。
何も他の人に見えるところで挨拶せんでもエエんちゃいますかね。

(今回に関しては全て個人的なメッセージでいただいてます。)

 

時には今回のような政情不安などでの安否確認。
最近では特に台風や地震などでありまよね。

場合によってはそこでやり取りすることによってその他の人にも状況が同時に分かるんで便利なこともあると思うんですが、
今のSNS文化なんでしょうかねぇ、
そんな緊急事態でもないのに、所属するチャットグループなんかでそういうやり取りがあったら、一緒になって愛想せないかんみたいな風潮があるんですよね。

ワシ、それしんどいんですわ。

一番よくあるんが誕生日ですな。
誕生日をお祝いすることは良いことで、
それに関して文句はありまへんけど、
誕生日なんか、ホンマに祝う気持ちのある人だけがその気持ちを形にしたらエエんちゃいますかね。

会いに行くのもよし。
贈り物するのもよし。
それが出来ないから、その気持ちをカードや電話、メッセージに託すもよし。

でも、チャットグループで、誰かが誕生日やからというて、
”おめでと~”とか指先だけでやってるのに付き合う気持ちはありまへんねん。

基本的にワシは友達が誕生日やからというてお祝いなんかしまへん。
(呼ばれたら別ですけど。)
そこまでの付き合いでもないと思うんです。
例外は遠い異国に住む兄弟分だけです。
彼は親戚もなく、子供もなく、奥さんに先立たれてますからね。

(ワシはSNSに誕生日は載せまへんし、そんな日は基本、家族だけでエエ主義です。)

 

その彼からもワシを心配するメッセージが来ました。
有難いことです。
こちらの状況を伝え、お互いの近況を伝えあいました。
彼の国では寒い冬を迎え、コロナの第二波が来てるそうです。
共通の趣味のスポーツはコロナ以来まったく出来ず、
おそらく最高の状況でも来年4月までは無理であろう、とのこと。

 

見せびらかしや同調ではないメッセージは心を温めるもんですな。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.

高齢者の情弱克服ツール  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

ほぼ毎晩の母ちゃんへのビデオコール。

別に大した話題もありまへんが、
一人暮らしの高齢者がこのコロナ禍で外出も人付き合いも減り、
体も頭も弱っていくスピードを少しでも緩和したいと思って、
事情の許す限り続けています。

このビデオコールを出来るようになったこと自体、
母ちゃんにとってはまるでドラえもんが特別な道具を出してきたような気分のようです。

 

冷静に考えたら、ワシも25年前に香港で独立したころはFAXでやり取りしてて、
その後少ししてからパソコンを使い始めたという記憶があります。

通信手段は急速に進歩し、日々の生活がどんどん便利になってるわけですが、高齢者はその進歩した通信手段から取り残される場合が多いようです。

 

ワシの母ちゃんは若い頃から片方の耳が聞こえにくく、
年齢が高くなるにつれてその症状はどんどん悪化して、
いまでは右の耳は全く聞こえず、左の耳は何とか聞こえるものの、
音が割れて聞こえるらしく、屋外での会話などは難しいようです。

そのような症状は家族ですらなかなか理解するのは難しく、
聞こえやすい方向から話しかけてあげるとか、
座る位置を調整したあげるとかいうことをついつい忘れてしまう場合もあります。

 

今でこそビデオコールを楽しんでますが、
はじめのうちは普通のボイスコールでした。
あるとき、ワシが思いついてビデオコールを説明してやってみたんですが、
携帯のスピーカーから出る声が聞き取れず、一旦諦めたのですが、
イヤホンを使ってやってみたら思いのほか上手く聞こえたので、今はイヤホンを使ってのビデオコールで落ち着いているわけです。

 

一人暮らしですから、出かけない場合はほぼ1日室内でテレビを見ているようです。
見ているのは有線テレビの韓流ドラマ
理由ははっきりしています。
“字幕”があるからです。

テレビのスピーカーからの音が聞き取りにくく、
字幕を頼りに内容を理解しているわけです。

それはそれでいいのですが、
それではニュースが聞こえません。
イヤホンを繋いでテレビを見るのは距離感が悪くあまり気が進まないとのことでした。
なので、ニュースも字幕を頼りにしてそれなりの理解をしているようです。

 

昨日のビデオコールでそんな話をしているときにふと思いついたんですが、
ワシは興味がなかったんで調べたこともなかったんですが、最近はワイヤレスのイヤホンがあるはずで、
話をしながら早速ア●ゾンで調べてみると、
ありますがな。
しかも結構安い。
でも、母ちゃんのテレビはたぶん新しくないのでたぶんBluetoothに対応してないからアカンやろと諦めかけましたが、ちゃんとその商品の紹介ページにトランスミッターも紹介されてました。

両方合わせても大した金額になりまへんし、
しかもワシが注文して母ちゃんの家に届ける事ができます。

もし、使用法に問題があればその時は妹にでも頼めば使えるようになるでしょう。

その旨説明すると母ちゃんはエライ喜んでましたわ。

 

ワイフのポー(父ちゃん)が数年前から耳が急激に聞こえづらくなり、
補聴器を買ってあげてしばらくは上手くいっていたのですが、
その後、両耳が完全に聞こえなくなり、非常に寂しい思いをしています。

母ちゃんには少しでも聞こえる間に色々な情報を楽しんで欲しいもんです。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

狂言ちゃうやろね  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

タイの国内事情はなにやらコロナばかりでは済まないような感じになってますね。
それ関連で割り込み文章を2日入れたので、2日間寝かした文章ですが、
最近のコロナ関連のことで疑問に思ってることを書きます。

 

当初、10月8日にプーケットに到着するはずやった広州からの150人(120人?)の中国人客です。

間際になって延期なんか中止なんかしりまへんけど、
結局いまだに来てまへん。

当初、その手配の速さに驚き、
段取り良すぎちゃいまっか
で、何やら仕組まれた出来レースのようなことを懸念していたんですわ。

ブログを読んでくださってる方からも
優先入場券付きのバーゲンセール”みたい、
とのメッセージも頂きました。

 

でも、結局今日現在(日曜日夜)、
まだそれが延期なのか中止なのかもはっきりわかりまへん。

来なかった理由はいろいろ噂されているんですが、
*ビザの書類が間に合わなかった。
*地元住民の反対があり、プーケットのベジタリアンフェスティバルが終わるまで延期。

それに加えて、
*元々、そんな旅行客は募集もされておらず、現地での手配もなにも確定してなかった。

というものまで出てきているようです。

 

前にも書きましたが、
この団体さんが来ても、どうせ指定のバスでホテルまで移動して、
その後ホテルでの隔離。
ということはホテルを除いてほとんど地元経済を潤すことはないでしょう。

それでも何も始まらないよりはエエことやと思ってたんですが、
これまた噂ですが、
中国からの団体が来ると聞いて、
その日程でプーケット旅行を計画していたタイ国内の旅行客が多数予約をキャンセルしたとか。。。

もしそれがホンマやとしたら、
地元の旅行業関係者にとってはエライ迷惑な結果になった可能性がありますな。

 

このスペシャルツーリストビザ、2週間の隔離と最低90日の滞在、という結構高いハードルを課しているようですから、来るとしたらよっぽどの案件を抱えた人達なんやろうと思っていたんですが。。。

でも、それがワシの考え過ぎやとしたら、
一体誰がそんな条件を飲んでまでタイに観光に来るんでしょうか。
そんなに頑張って今タイに来る必要ありまへんわな。

ほな、このビザの設定とか、あたかも待ちわびた観光客がそんな条件まで飲んでタイに押し掛ける、というのは逆に“頑張ってやってまっせ!”というポーズなんですかねぇ。

普通に考えて、そんな誰も得しないようなことやりますかねぇ。

プーケットのベジタリアンフェスティバルは今年は10月17日から25日までです。

少なくとも、それが終わったら噂のうちの一つはホンマかウソかはっきりします。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

deedeephuket.com

 

既視感  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

通常、ブログを書いた翌日にUpします。
昨日の記事は一昨日書いているわけです。

今のバンコクでの最大の話題は当然デ●の状況とその行く末ということになります。

この記事を書いている時点でBTSとMRTは運行を取りやめにしたようです。

デ●に賛成する人、反対する人、両方がいます。
事情を正確に把握できていないのでどっちがエエとか言うつもりは毛頭ありません。

でも、言いたいこと、というか伝えたいことがあります。

 

昨日も既に書いてるんですが、
ホンマに香●のあの頃を見ているようなんです。

ワシが愛した街があんな酷いことになるのはホンマに心が痛みました。
モニターを見るたびに暴力やその後にはもっと目をそむけたくなるようなものが映っていました。

はじめのうちはタカをくくってました。
どうせ大した頃にはならんやろう、と。

でも、事態はどんど悪化して、誰にも止めることだ出来んような勢いになってしまった。

 

テレビのニュースで受けそうな映像ばっかりが繰り返しSNSで流されてました。
香●のケースでは相当報道が制限されていたようなんで、
外国の人は酷い映像はほとんど見てないでしょうが。


おそらく現時点ではそこまでの報道制限はされてないでしょうから、昨日の映像は一番刺激的な部分だけが切り取られて世界中に繰り返し流されるのかもしれまへん。

そんなことになるとコロナがあろうがなかろうが、外国の人達はタイに魅力を感じなくなってしまうでしょう。

香●の時もそうですが、
派手な活動の後ろには市民の日常の生活があります。
それがあまり報道されることはありませんが、
この難しいご時世に尚更仕事や収入が減ってしまう人が出てくることでしょう。

だからデ●がイカン、というてるわけではありまへん。
表裏一体ということを言いたいだけです。

 

この記事を書き始める前に既にBTSとMRTは止まっていますが、
その前の時点でフィットネスに行っていたワイフに帰宅するようにメッセージを入れておいたのでワイフは幸い既に安全に帰宅しています。
街には帰宅困難者がいるかもしれません。

こういう小さいことから日常が奪われていくわけです。
誰が悪いと言うているのではありまへん。
全員が疲弊していくんです。

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

 

各駅停車が平和でエエね  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

これを書いている時点で、Twitterなどの情報を見る限りでは、
バンコクのデモは継続されている模様。
BTSが特定の駅に停車しない措置を取ったとのこと。

自分から進んでデモに関する情報を収集しているわけではないので、
常にちょっと遅れ気味で情報を得ている感じですが、
テレビを見ないワシでもこうやってほぼ自動的にそういう情報が得られるようなったのだと時代の変化の速さを感じます。

コロナがなければおそらくいまだにTwitterやYouTubeはほどんど使わない生活をしていたと思われます。
エエのか悪いのかしりまへんけど、強制的に生活の一部が変化しているようですな。

 

BTSが駅を飛ばす、と聞いて瞬時に思い出したことがあります。

はい。
また香●の話です。

もちろんデモ発生の直接の原因やそれを取り巻く環境は違うんですが、
なにやらよく似たことになるもんなんですな。

 

多くの人が特定の色のTシャツを着て街に繰り出すようになりました。
そして警察と小競り合いが始まり、
それがだんだんと行動に歯止めの利かなくなります。
(一部には”やらせ”を疑う向きもあり。)

そのうち、違う色の服を着た連中が突然現れ、
事態を決定的に悪い方向へ導きます。

そしてさらに大きな運動がおこり、
地下鉄は駅を飛ばして運行するようになりました。

 

一連の流れの中で感じたことは、
市民の考えが二つに割れていたこと。

行動しないまでも共感している人と、
逆に単なる迷惑行為として眉をしかめている人。

今日、Twiterで全く同じことが見て取れます。

 

人の考えはそれぞれですし、立場もいろいろ違いますから、
どっちがエエかは知りまへん。

でも、香●ではその考えが違うことによって明らかに市民は二つに割れました。
それが暴力に発展したケースもありますし、
そうでない場合で表面には出さなくても心の中である程度相手に対して線を引くような部分が出来てしまったようです。

 

3月にバンコク滑り込む前に行き来していた頃には特定の色の服を着ないように神経を使っていたことを思い出します。
特に夜間の外出ではそれは非常に危険な行為でした。
(夜間外出が出来ていた時期は、ですが。)

Twitterで服の色を気にして心配している人が出始めている、というのは非常に憂鬱な気分になります。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

コロナ禍のバンコク不動産投資(17)賃貸市況はヨワヨワ  プーケットのタクシー屋のオヤジの戯言

久しぶりの不動産ネタです。

 

ワシが購入したコンドミニアムにはまだ既存のテナントさんが住んでいて、
退去まであと半月強ありますので、
現時点で直接出来る事はありまへん。

今、せいぜい出来る事というのは、
時間があるときにHomeProなんかに行って、床材、キッチンやバストイレの仕様やデザイン、その他据え付ける設備関連の値段などを調べておくことぐらいです。

それらをある程度は頭に入れておかんと、
インテリアの会社と話するにも質問は出来ない、
言われたことの意味は分からない、
希望を伝えることも出来ない。

まあ、そんなことでは相手も仕事のやりがいもないでしょうし、
結局は自分が納得するような出来上がりにならないもの相場以上のお金をかける
という最悪の結果が目に見えてますからね。

まあ、そのへんの経緯は今後ゆっくりまた書くとして、
今回はバンコクの不動産市況に関する話です。

 

毎週1回、趣味のスポーツの練習に参加しているのですが、
その中に最近ワシらの仲間に入った若者がいます。

ワシと同じBTSの駅の反対側に住んでいて、今月末に賃貸の1年契約が終了するようで新しい場所を探していました。

現地採用としての滞在ですので、
あまり多くの予算はないようなんですが、
出来る事ならもう少し街中に進出したい、と言うておりました。

まあ、この御時世ですから、
割引物件というのは相当出回っているはずです。
BTSからちょっと離れている場所なら、
何とか今より街中に近いところでみつかるのではないか、と話していたんですが。。。

 

昨日の練習の後の食事の時にその件を聞いてみると、

 

ありましたがな。

それも堂々のプロンポン。
駅からもさほど遠くなく、何とも良かったことです。

でも、即座にワシは逆のことが頭をよぎりました。

 

実はそのコンドミニアム、
ワシがコンドミニアム購入の為、色々と物色していた時、
何回か不動産エージェントから提案されていた物件やったんです。

確かにロケーションはとても良く、全く文句はありまへん。
でも、ワシが購入を検討どころか内見もしなかったのないかの理由からです。

築年数が古い
*周囲を高いビルに取り囲まれ、薄暗い

もちろん古いなりに安いのですが、
購入となるとこれから最低でも5年もしくはそれ以上保有することになります。
もっと古くなった時に価値を維持できるかどうかが心配です。
それと、内見はしなかったもんの、
気になる物件やったんで、ワイフと一緒に車でそのコンドミニアムの駐車場に入っていったことがあるんです。
その時の印象が、”暗い”でした。
太陽の光が当たるのはおそらく少数の部屋だけでしょう。
もちろん暑いバンコクで直射日光はあまり歓迎されませんが、
建物全体の印象が薄暗いのがどうしても引っ掛かりました。
これは家主として貸し出すにあたり、借り手が部屋を探すときに抱くイメージそのものですからね。

今回、ワシらの仲間の若者はロケーションと価格が優先事項でした。
その意味ではバッチリ嵌ったわけです。

しかし、それって、ワシが貸す方やった場合を考えると価格的には苦しい立場になるわけです。

ワシらの仲間の若い駐在員が、価格交渉も手伝ってくれたそうで、

20,000Bの言い値が結局は15,000Bで決まった、とのこと。

 

良かったね~。

とその場では盛り上がりましたが、
これから大家業をしようと思ってるワシは結構複雑でしたわ。
自分が大家の立場やったらこの値引きは泣きでっせ。

バンコク賃貸市況はヨワヨワですがな。。。

ワシの買い物はババとなるのか、それともエースとなるのか。
その答えが出るのはだいぶ先になりそうですが、
まずはビビらされるステージが始まったようです。

 

 

プーケットのぼったくりドライバーに関しては過去記事をご参照ください。

プーケットの平和はワシらが守ります。

プーケットにお越しの際は事前にLINE等でご用命ください。
安全確実にお迎えお送りいたします。

deedeephuket.com

ブログランキング・にほんブログ村へ